ストレスはお肌にとって大敵?

ストレスホルモンによる肌のダメージ

美しい肌を維持するためには、なるべくストレスを避けて生活するというのが大切です。ストレスを感じると、人間の身体はストレスホルモンという物質を分泌し、その作用によって皮膚を巡る血液が筋肉や内臓の方に向かうことになります。本来であれば、皮膚に血液が流れて健康的な肌を作り出すはずが、血液が不足してしまって肌荒れなどを引き起こすというわけです。また、ストレスが慢性化すると、皮膚のなかに蓄えられている酸素や栄養素などが減退していくため、それによっても肌に炎症が生じたりします。肌荒れだけでなく、ニキビなどの吹き出物ができたりもするため、特に肌に敏感な女性は、日々の生活においてなるべくストレスを感じないように心がける必要があります。

睡眠に障害をきたしかねない

ストレスが積み重なると、次第に夜眠れなくなってしまう場合があります。肌にとって睡眠はたまった老廃物を排出するために必要不可欠なものですので、ストレスによってそれが阻害されてしまうと、しっかりと排出できずに肌に老廃物が残ったままになるおそれがあります。万が一そのような事態になると、肌が急速に老化現象を起こしてきたなくなってしまう可能性があるため、強いストレスを感じる環境にある場合には、意識して睡眠をとるようにしましょう。睡眠は、ストレスを軽減する効果もあるため、普段から7時間から8時間程度は眠るように意識するのがポイントです。そうすれば、ストレスからも解放されるうえに、肌を美しく保つこともできるでしょう。