加齢によって敏感肌に?ベストなケアは?

年齢に比例して、肌はどんどん薄くなる!最適なケアを選ぼう

「若い頃に比べてお肌の調子が悪くなってきたな…。」そう感じて高い美容液やパックを買ったのに肌に合わなくて余計に調子が悪くなってしまった…年齢には逆らえないの!?と感じた経験のある方も多いでしょう。
それもそのはず、加齢によって肌の表皮と真皮が薄くなっていくのは事実であり、またコラーゲンやメラニン細胞の数も減少するのでお肌の弾力や紫外線に対するディフェンス力も衰えます。その結果、若い頃と比べると少しの刺激でもダメージを受けやすく、敏感肌になりやすくなるのです。
敏感になっているお肌に対しては、皮膚を清潔に保ち、そして皮膚のバリア機能を正常に保てるスキンケアを毎日継続して行うことがとっても大切。具体的には低刺激処方で保湿成分が多いスキンケア製品を選んで「洗う(洗浄)・潤う(保湿)」のバランスの良いお手入れを行うことが理想です。まずはサンプル等で自分の肌に合うかどうか試してみましょう。

一に優しく、二に丁寧に

お肌が敏感になっている時のスキンケアのポイントは2つあります。
一つ目は肌の刺激にならないように肌への摩擦をなるべく減らすこと、二つ目は肌のバリア機能を高めるために丁寧に保湿を行うことです。
クレンジングはジェルやミルク、クリームなどの肌への負担が少ないタイプを選び顔全体に優しくなじませぬるま湯で洗い流します。
洗顔の際にはたっぷりと泡を立て、泡をクッションにして指が直接肌に触れないようにすることで肌への刺激を減らしましょう。
洗顔後は非常に乾燥しやすい状態なので、すぐに化粧水でたっぷりと保湿をしましょう。特に乾燥が気になる方は重ね付けを。
最後は乳液やクリームでお肌の潤いキープの蓋をします。
プラスアルファでエイジング効果のある敏感肌向けの美容液やパックなどを取り入れるとより効果的です。
また、十分な睡眠と栄養たっぷりの食事を心がけ、体の内側からも肌のバリア機能を向上するようにしましょう。