敏感肌の方に合う洗顔料の特徴とは

洗浄力の強さに関する特徴

敏感肌の原因は人によって様々ですが、肌に必要となる皮脂などを洗いすぎて落としてしまい、乾燥が進んだことによっておこることがあります。洗浄力の強い洗顔料を使用すると、皮脂が余分に流されてしまい、乾燥が進み、肌に赤みが出てヒリヒリするなどといったことになってしまいます。このことから、敏感肌の方に合う洗顔料の特徴のひとつとして、洗浄力が弱い、アミノ酸系の洗剤が使用されているというものがあげられます。アミノ酸系の洗浄成分とは、ココイルグルタミン酸Naをはじめ、ラウロイルメチルアラニンNaなどが主なものです。このほかココアンホ酢酸Naやコカミドプロピルベタイン、天然由来のオーガニック成分が含まれているものも多いです。

含まれている成分の特徴

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下して乾燥が進みやすいので、保湿成分が含まれている洗顔料が良いとされています。主な保水性分としては、セラミドやスクワラン、シルク成分やグリセリンなどといったものがあげられるので、これらの成分が含まれている洗顔料は、敏感肌の方に向いている洗顔料といえるでしょう。また、敏感肌の人は、通常の肌の人が特に何も感じないような成分であっても敏感に感じ取り、赤みなどの症状をきたすことが多いです。そのため、刺激の強い成分が入っていない洗顔料は敏感肌の方に合う洗顔料といえるでしょう。アルコールや香料をはじめとして、角質を落とすためのピーリング成分、毛穴ケアのスクラブ成分の含まれていない洗顔料が当てはまります。